2014年05月31日

食べられる!?

皆さんは知っていましたか?

茶殻が食べられるという事exclamation&question

入れた後の茶葉にポン酢しょうゆをかけるだけ
ほんのり、苦みがあるそうなのですが、おいしく頂けるそうです

茶葉の柔らかい玉露や上級煎茶がオススメだそうですexclamation×2

教えてくれたNさん、ありがとうございました
posted by ootake at 21:03| Comment(0) | 路雑学室! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

おいしさキープ♪

日本茶のおいしさをキープする方法をご紹介させて頂きます

茶葉は、光・湿気・におい・高温が原因で劣化します。
茶葉は光を通さない密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。
お茶を入れる際、必要な茶葉を取りだしたら、容器はすぐに冷蔵庫へ戻しましょう。
出したままにしておくと、室温との温度差で空気中の水分を吸ってしあって、湿ってしまい、劣化の原因になります。

未開封でも、冷蔵庫での保存をオススメします
posted by ootake at 20:43| Comment(0) | 路雑学室! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

冷茶♪

これからの季節にピッタリな冷茶
定番の麦茶もいいですが、手軽でおいしくできる冷たい煎茶も楽しんでみませんか?

1人分に対して、約3〜4gの茶葉を用意します。
昨日、ご紹介させて頂いた入れ方と同様に、茶葉と約80〜85度のお湯を急須へ。
約1分浸出後、氷をたくさん入れたティーポットや計量カップなどの容器に注げば、おいしい冷茶の完成です

より、うま味を味わいたい方には・・・。
容器に対して、水と茶葉は同じなのですが、そのまま冷蔵庫へ。
最短で1時間で飲めますが、6〜7時間置いた方が、よりうま味が出たおいしい冷茶になります。

寝る前に作っておけば、翌朝には飲み頃です

posted by ootake at 21:51| Comment(0) | 路雑学室! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

おいしい煎茶の入れ方♪

おいしい煎茶の入れ方を本で見たので、ご紹介させて頂きます

@煎茶のおいしさを引き出すには、約80〜85度が適温です。
 沸騰したてのお湯の場合は、空の急須に注ぎ、ひと呼吸置いてから人数分の湯飲みに移し替えます。
 湯飲みを温めると同時に必要な量を量り、お湯の温度も下げる事が出来ます。

A1人分に使う茶葉は約2g。ティースプーンに山盛りが目安です。
 お好みで量を調節してみてもです。
 複数み見える場合は、人数分の量を増やします。

B湯飲みに入れたお湯を急須に入れ、蓋をして待ちます。
 浸出時間の目安は約1分。浸出時間が短いとうま味が出切らずあっっさりした味に、長いと渋みや苦みが強い味になります。

C最後の方にうま味が凝縮されているので、残さず最後まで注ぎ切ってください。
 複数名の場合、湯飲みに少しずつ回し入れながら注ぐと味が均一になります。
 
1煎目でうま味成分は出てしまうため、2煎目以降は熱いお湯でもです。最大3煎まではおいしくいただけます
posted by ootake at 20:55| Comment(0) | 路雑学室! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

β-カロテンがNO.1♪

β-カロテンの宝庫で、その含有量はほうれん草や小松菜の約2倍。

モロヘイヤよりは少ないものの、日常的な献立での利用しやすさや、1回にとれる量の多さからすれば、やはりにんじんがβ-カロテンの最大の供給源exclamation×2

にんじん(大)の半分を食べれば、ビタミンAの1一の食事摂取基準を満たせることになります。

食べ方としては、β-カロテンは皮のすぐ下に多いので、よく洗って皮つきのまま調理するか、むいた皮もきんぴらなどに利用してください
posted by ootake at 21:23| Comment(0) | 路雑学室! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。